フォト
無料ブログはココログ

« マヤ文明に見る2012年12月21日世界終末説の真意とその延長 | トップページ | 生活保護の不正受給問題・・・これも今の教育に問題があるのでは? »

2012年5月14日 (月)

小沢潰しの控訴3弁護士! もう国民は気づかなければいけない!

今,世の中は未曾有の苦難と言ってよい。
東日本大震災に原発事故、電力不足の上に円高不況、若者の就職は超氷河期。電子産業はことごとく韓国や台湾に遅れをとり過去最悪の大赤字。社会保障は勝手に年金を数兆円規模で使い込んでおいてにっちもさっちも行かない。
こんな状況では国民生活など良くなるわけが無い。

それもこれも政治が悪いからに他ならない。にもかかわらず消費税10%増税を大言壮語にかかげて狂っているとしか言いようが無い。
今増税をやれば消費はさらに低迷し国内生産は大幅に落ち込み世界恐慌の引き金ともなりかねない。
その増税に反対を唱えている政治家は悪役スター豪腕小沢一人である。

ところがこの小沢氏は今政治の世界から潰されようとしている。一部の国民もそれに加担していると言ってよい。彼はその風貌と豪腕さから一般国民に人気が無い。自民党幹事長時代に選挙資金を40代の若さながら1週間で300億円も調達した実力の持ち主。
時の総理大臣宮沢喜一でさえ頭を下げた存在なのである。

それが災いしてかなにせ嫌われる。
裁判では2度も無罪を勝ち取り辣腕検察でさえ控訴をあきらめたものを検察審査会とやらで再度裁判に持ち込み、その上でも無罪判決になったものを指定弁護士(検事役)は無意味、不毛の再控訴である。この3人の指定弁護士は国から言わば国民の税金から報酬が出るので何の腹も痛まない。いくら時間をかけようと自分の懐は痛まない。むしろ時間をかけるほうが懐が潤うのである。世の中の状況など全く考慮せずなのである。

果たして今、中国、ロシアはもちろん米国とでも渡り合える政治家が日本にいるかどうか考えてみたらいい。自分の面子だけで何の思考も無いこの指定弁護士による小沢潰しの功罪は後世の判断を待たざるを得ない。

それにしても日本の民主主義はいささかおかしいと思う。こんな民主主義国家は先進国の中にはどこも無い。むしろ好き勝手な自由主義と言わざるを得ない。これは国民自身に問題があるのかも知れない。

« マヤ文明に見る2012年12月21日世界終末説の真意とその延長 | トップページ | 生活保護の不正受給問題・・・これも今の教育に問題があるのでは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540022/54708050

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢潰しの控訴3弁護士! もう国民は気づかなければいけない!:

« マヤ文明に見る2012年12月21日世界終末説の真意とその延長 | トップページ | 生活保護の不正受給問題・・・これも今の教育に問題があるのでは? »