フォト
無料ブログはココログ

« 世界に類を見ない”変な国日本” | トップページ | 政治も経済も”人”が造り,人で決まる »

2012年3月 2日 (金)

今の日本は自業自得!20年前から予測できていた。

政治、経済、文化・・・どれをとって見ても日本らしさが失われ、衰退一途をたどっている日本。先日、日本で唯一DRAMを製造している国策半導体企業と言われた世界3位のエルピーダメモリが負債総額4800億円で会社更生法を申請した。

世界第1位の韓国財閥企業のサムソンにギブアップしてしまったのである。なぜこうなってしまったのか?立て直しには何が必要か?

結論から言うと今の日本には国家と言う柱がない。従って全てが不安定で負のスパイラルに陥っている。立て直すには石原都知事が言うように一度全てをリセットしないと無理である。もはや中途半端な対策ではどうにもならない。倒産する大企業の構図と同じである。

だれの責任かを問えばもちろん政治が悪いのは明白であるが、根本は我々国民一人一人が一番悪いわけである。今日の政治家を選んだのも国民だし、子供の学力が落ちているのも我々国民の責任に他ならない。

小生は今から30年程前80年代の初頭に日の出の勢いであった日本企業の一翼を担って後進国へのマーケット拡大を図るため頻繁に韓国を訪問していた。

当時はまだ重厚長大型産業が主役の時代でIT、情報ビジネスはアメリカの軍需産業から民需へと成熟拡大を始めたばかりであった。

韓国は唯一の国営製鉄所であった浦項総合製鉄所(現POSCO)が当時世界一の技術と粗鋼生産量を誇る新日鉄に追いつけ追い越せを合言葉に韓国の”鉄は国家なり”を目指して必死にその技術習得に励んでいた。 打ち合わせや会議の際にその気迫が伝わってきた。

韓国の若者は将来の目標を持って勉強をしていた。大学に進学することもその先社会に出てから何が必要でそのために今やらなければならない勉強は何かをよく考えそれを皆が必死で実践していた。

当時韓国の友人がよくいっていた。”今はMADE  IN  JAPAN”を持っている事が韓国人のステータスだけれど将来50年後でもいいから我々はMADE IN KOREAを世界の人に持ってもらうように頑張る・・・・そのためにも子供に目標を持たせて教育したいといけないと考えている・・・”と。

韓国の人口は当時4000万人で日本の約1/3 生き残るためには世界進出しかないことを彼ら自身が一番よく知っていた。

今の日本の若者とはハングリー精神が全然違うように思う。また日本人の何%の親が子供に将来の目標を具体的に持たせて教育しているだろうか?

政治もまるでだめ。タレントが遊び半分で国会議員になり人気が出たらど素人でも大臣にして人気取り。”スパコンを世界2位では何でダメか”と平気で言いいマスコミもその事を面白半分に書きたてる。

技術の世界で1位と2位で価値観とビジネス性がどれだけ違うかもわからない人間を大臣という要職にする事自体間違っていると思はないのだろうか?このままでは世界から取り残されるし失笑を買う。

日本企業が生き残る道は小生がまだ現役でベルサーチをビシッと決めていた何十年も前からわかりきっていた。新技術、新商品は季節の果物と一緒ではない。季節の果物は季節を外れるとまたそのうち食べたくなるが古くなったブラウン管TVや高いフィルム代を払ってピンボケの写真を見たいとはだれも思わない。

つまり最新技術を最新のうちに横展開しなければならない。日本の得意とする精密な要素技術と町工場技能を潰さないためにもこの事は必要不可欠である。            最新技術で作る最新の商品ももはや成熟した社会ではそのライフサイクルは昔10年今5年である。わかりやすく言うと5年前に日本で製造しビジネス価値があっても5年経つと新技術は一般化し外国でも同等の商品が安いコストで作れるようになってくる。そうすると価格維持が難しく日本で製造する事が出来なくなりコストの安い海外でしか製造できなくなる。

このままでは近いうちに大国インドや中国にも追い越され商売にならなくなるという事である。国内産業は空洞化してしまう。

       =執筆中=

« 世界に類を見ない”変な国日本” | トップページ | 政治も経済も”人”が造り,人で決まる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540022/54120492

この記事へのトラックバック一覧です: 今の日本は自業自得!20年前から予測できていた。:

« 世界に類を見ない”変な国日本” | トップページ | 政治も経済も”人”が造り,人で決まる »