フォト
無料ブログはココログ

« 甲子園の星が6000円の窃盗で人生を棒に振るなんて! | トップページ | 無能なリーダーは二次災害を増大させる! »

2011年6月 4日 (土)

国旗掲揚、国歌賛唱は日本国民の義務

先ごろ国旗掲揚国歌賛唱を否定する公務員に最高裁は公務員としては違法の判決を下した。この判決には賛否両論が論じられているが当たり前の判決であると思う。

今の日本は余りにも身勝手な人間が多すぎる。本当に日本と言う国は戦後の自由思想が誤った形で教育されている弊害が数多くある事を感じる。

世界中どこの国の国民でも自国の国旗国歌には尊厳を持っている。それを否定するなら国を去って無人島にでも行き自分一人で好きなようにやればよいと思う。

こう言う輩が公僕になること自体矛盾を感じる。まず公務員になるには国家国民の礎とならなければならない事をもっと鮮明にするべきである。場合によっては国旗、国歌の尊厳を守る誓約書でも取ればよい。

公僕になった暁にはもっと高給で処遇すれば異を唱える変な輩も出てこなくなると思う。いずれにしても政治家には期待できないし国家の行く末は公僕の良し悪しにかかっているのでしっかりしてもらいたい。

« 甲子園の星が6000円の窃盗で人生を棒に振るなんて! | トップページ | 無能なリーダーは二次災害を増大させる! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540022/51848717

この記事へのトラックバック一覧です: 国旗掲揚、国歌賛唱は日本国民の義務:

« 甲子園の星が6000円の窃盗で人生を棒に振るなんて! | トップページ | 無能なリーダーは二次災害を増大させる! »