フォト
無料ブログはココログ

« 原子力発電こそ本質安全設備でなくてはならない。 | トップページ | GWは仕事が一番! »

2011年4月22日 (金)

東北大震災の隠れた悲劇にまたも涙

東北地方での未曾有の大災害では言葉もも失うばかりだがとりわけ哀れも極限なのが震災孤児となった幼い子供たちの姿だ。替われるものなら替わってやりたい心境は団塊の世代の人間に共通する事ではないだろうか。それにしてもこの子達には少しでも心安らぐ時を与えてあげたいし、将来幸せになって欲しいと思う。自分の孫たちと比較して心からそう願わずにはいられない。

また福島原発の避難のために置き去りにされたペットたちもかわいそうでたまらない。家の中にぽつんと取り残されて餓死した犬や猫は何万匹にもなるとか。彼らは主人の帰りをじっと待ちながら死んでいった。全く惨いことである。改めて冥福を祈りたい。

« 原子力発電こそ本質安全設備でなくてはならない。 | トップページ | GWは仕事が一番! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540022/51466038

この記事へのトラックバック一覧です: 東北大震災の隠れた悲劇にまたも涙:

« 原子力発電こそ本質安全設備でなくてはならない。 | トップページ | GWは仕事が一番! »