フォト
無料ブログはココログ

« 政治も生活も国民自身の自己責任 | トップページ | 参院選にまた気楽な著名人が出馬だって?それってどうなの? »

2010年6月24日 (木)

水はクリタの”うまい水 ミネラル200”に限るね

ブログネタ: あなたの“水”へのこだわりを教えて!参加数拍手

水と環境のエンジニアを自称し水へのこだわりが果てしない自分にとってこのテーマは水を得た魚の如しである。ただこのテーマの水は当然飲み水で名水百選等で話題になるようなものだと思うので超純水の世界で生きる自分は早々に切り上げたいと思います。この超純水はIT産業から医療医薬の世界まで欠くことのできないものであるがその存在は以外と知られていない。地デジを見る液晶TVも携帯電話もパソコンも今日の電子部品を製造するために欠くことの出来ない影の存在がこの超純水と言われる水なのである。それではどれくらい超なのかと言うと濃度の単位で言えばPPBの世界です。たとえば%が1/100ならPPMは百万分の1このPPBは10億分の1なのです。この世界になるとほんの少しの空気の泡も混ざってはいけない世界になるのです。このような水はめったにお目にかかれない。空気に触れた瞬間にその純度が落ちるが浸透性が強くコンクリートでも溶かし始める。このような特性から飲めないとよく言われるがそんな事はない。限りなくピュアーな水で全く無味無臭、口に入れてもその存在感が無い。胃が悪かったり胸焼けがひどい時に飲んでみると結構改善される。またこの水で水割りを作って飲んでみるとウイスキーやスコッチの味だけが口に残り抜群である。

さて超純水の話はこれくらいにして名水100選に話を戻すが日本には数多くの名水100選がある。そのほとんどを飲用してみたがこの味の見分けがつく人はそうそういないと思う。美味しいのは確かであるがそれが”六甲の水”か”富士の水”かなかなか判別がつかないと思う。その中で何となく見分けがつく”うまい水”に数年前に巡り合っていまだに愛飲している水がある。文句なしに美味い。”クリタのうまい水ミネラル200”と言うネーミングで売られている。これは数ある名水100選の中でも特急品だと思う。一度試しに飲んでみる事をお勧めしたい。

« 政治も生活も国民自身の自己責任 | トップページ | 参院選にまた気楽な著名人が出馬だって?それってどうなの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540022/48711237

この記事へのトラックバック一覧です: 水はクリタの”うまい水 ミネラル200”に限るね:

« 政治も生活も国民自身の自己責任 | トップページ | 参院選にまた気楽な著名人が出馬だって?それってどうなの? »