フォト
無料ブログはココログ

« とんでもない事件が立て続けにおきてひどいですね。 | トップページ | また恒例の年末ですね。 »

2009年11月29日 (日)

もう師走の声・・・時の経つのは早いものですね!

今年はいろんな事が有りました。特に身近な身内で別れが有ったことに悲哀を感じる1年でした。これも人の世の流れで自然な出来事、仕方の無い事ですけどね。92歳の天寿を全うした義父は本当に穏やかな性格そのままの顔で人生の幕を下ろしました。大勢の孫やひ孫に囲まれて旅立ち幸せな一生だったと思います。

もうひとつは”スミレちゃん”との別れがつらすぎる出来事でした。スミレちゃんは19歳の三毛猫で若い時は8kを越す体重を誇り、三毛の毛立ちがきれい過ぎるくらい似合う長い尾尻の美猫でした。スミレちゃんは19年前、生後間もない目も見えない時に妻と娘がペット里親探しで出会って連れて帰ってきました。最初は小さすぎて目も見えない状態でミルクも飲めない程でしたが妻と娘たちの努力でミルクを飲み始め、すくすくと成長しました。妻と24時間寝食を共にするような生活でほとんど外へは出ず、妻が外出から帰ると必ず玄関まで迎えに来ていました。子供と同じような猫でした。彼女は食生活も美食で土佐の”赤鰹節”と”イリコ”しか食べないし食卓に刺身や肉を置いていても絶対に口を出さない。おまけに水は水道の蛇口から出ているものしか飲まないのにも驚かされます。彼女は自分を人間だと思い込んでいたのかも知れません。そんな彼女も家族として娘や息子の学生生活から結婚、孫の誕生、その孫の遊び相手となって見守ってくれながら歳月を重ねて19年、人の年齢に例えると95歳近いとか・・・彼女も義父の葬儀のために遠方から帰っていた子供や孫たちに別れを告げて、妻の膝の上で天寿を全うしました。孫たちが帰るときほほを摺り寄せていたらスミレちゃんが涙を流していたことが印象的でなりません。最後の最後まで手のかからない我が家の”宝物”でした。

義父もスミレちゃんも皆に惜しまれて旅立ちました。妻のショックは相当なものです。でも生、有るもの必ず寿命が有るのが世の常で仕方の無い事、時の経つのは誰も平等です。その一刻一刻を後悔の無いように大事に生きて行きたいものです。

« とんでもない事件が立て続けにおきてひどいですね。 | トップページ | また恒例の年末ですね。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540022/46886055

この記事へのトラックバック一覧です: もう師走の声・・・時の経つのは早いものですね!:

« とんでもない事件が立て続けにおきてひどいですね。 | トップページ | また恒例の年末ですね。 »