フォト
無料ブログはココログ

2018年6月 1日 (金)

日大アメフト部の社会的問題の根源は

久しぶりのブログ題材にしては荷が重いかもしれないがそれにしても日本を代表する私学の雄が今回のアメフトラフプレーでこの有り様では情けない。
おこした事、起きた事は無しにはならないので仕方がない。要はその後の対応が最も重要でまさに危機管理能力が問われるところである。
日大には危機管理部なる専門学部が有ってそう言う人材を育てる数少ない教育機関も有している。にもかかわらずこの有り様にはあきれるしかない。
おそらく日大の危機管理部に来年受験する学生は大幅に減るだろう。

話はさておき今回の日大の問題はどうしてこんなに世間やワイドショーの標的になっているのかを考えると初期対応が大きく間違った事に尽きる。
当事者である日大や監督コーチは
①世間をなめていた。自分たちはアメフトで日本一になったチームだしまさかここまで追及されるとは思っても見なかった。
②自校の生徒が内情を暴露するとは考えていなかった。
③監督コーチの記者会見をとんでもない上から目線の高圧的な仏頂面の広報に担当させた事。当事者が日大のブランドは落ちないと発言して世間の反感をより一層買ってしまった。この広報担当はマスコミ出身者らしいが記者会見をこの人物に仕切らせた事が火に油をそそいでしまった。
④日大の最高責任者がいつまで経っても表に出てこない。出て来るのはほとんど権限の無い下の者ばかり。テレビに流れるのはおよそ教育者とは程遠い人相の写真ばかりである。この理事長なる人物は学校の最高責任者にして割烹料理屋を経営し日々趣味のパチンコ通い、事件のあった当日の夜もパチンコ屋にいたと言うからあきれるしかない。
⑤全てが後手後手でダンマリを決め込もうと言う姿勢があり有り。おそらく事が起きた場合の危機管理マニフェストが無いのであろう。
こんな状態だから鎮まる気配がまるでない。

» 続きを読む

2018年5月20日 (日)

体が三つ欲しいと最近特に思う思うが😅

現役を引退したらのんびり好きな事して暮らそうかと思っていたがとんでもない事になってしまった。😅・・・むしろ現役の時よりはるかに忙しい。😲
親父が95を超したので百姓を継いで米や野菜を作りながら好きな事して年に一、二度はハワイやバリ島にでも行って浮世離れした生活しながら暮らそうと思っていたが😲

2016年8月26日 (金)

埼玉河川敷事件にみる矛盾と本音

またまた少年による極悪非道な事件。中学生や少年グループが仲間を生き埋めにして溺死させるなんて大人でも言葉を失う。
とんでもない少年グループがいたものだ。亡くなった少年も仲間だったらしいが報道を見ていると父親が良い子だったのにどうしてこんな事になったのかと非常に悔やんでいたのがまたまた印象に残った。
以前の川崎の事件もそうだけどこの手の事件が有るとマスコミや世間は被害者を良い子と言う部類に分類し被害者の親に同情する。。確かに加害者は極悪非道で言語道断、許せるものではない。

しかし冷静に考えてみると、あっちこっちに矛盾を感じるのは小生だけではないと思う。まず被害者はどうしてこんなグループに入っていたのか?同世代の普通の子は大部分が高校で勉強し大学を目指したり社会に出て自分の目標に近づくために何らかの形で努力しているはずである。少なくとも保護者は自分の子供を危険から守る義務が有る。こんなグループに入るとろくな事にならないのは誰の目にも明らかだと思う。保護者は自分の子供に無関心又は放任が遠因になっていないだろうか?マスコミは決してこんな事を言わないのはどうしてだろうか?やはり本音を言わないと世の中良くならない。
昔の人は良い事を言ったものだ"君子危うきに近寄らず"

2016年3月10日 (木)

最近の芸能界の不倫報道にはばかばかしくてあきれる。

それにしてもマスコミ報道は程度が低すぎるというか、それを興味深々と聞き耳をたてる国民も馬鹿と言うか呆れるばかりである。
特に芸能界の不倫報道が目に余る。その渦中の女性が堂々と恥も外聞もなくテレビや雑誌のインタビューに登場して売名行為で男との痴態を一部始終話しする。
ここぞとばかりに売れていない全く顔も名前も知らない芸能人がワイドショーに出てくる。
真にゲスの極みと言いたい。

こんな女と不倫して何が楽しかったのか聞いてみたいきがする。つまりそんな女と不倫した男は浮び上れないくらい男を下げているのに気が付いているのだろうか?
落語家の桂文枝なんか70歳のいい歳をして顔を見ただけで気持ち悪くてへどが出る。
HKT48の指原莉乃(23才)のような若い子からも呆れられていたが詫びればいいと言うようなものでもない。
しょせん偉そうに評論していたが自分のパートナーの教育すら出来ないダメ人間だったと言う事である。
これから奥さんに”離婚”されて寂しい独居老人で暮らすしか無さそうである。
自業自得か?・・・可哀そう(笑)

他人のふり見て我がふり直せのことわざも有るので小生も人生を振り返って見たが一点の曇りもなさそうである。(少し自信がないが・・・)
小生の経験(あくまで人生経験)から言える事は女房であろうが浮気相手だろうがパートナーは絶対に自分より賢い人間を選ぶ事である。そうすると決して後悔するような過ちは起こらない。ただしお金がかかるかもしれない(笑)。

2016年3月 8日 (火)

さすが大分は温泉県

大分は別府温泉や湯布院温泉をはじめ数々の名湯が多いが余りにも近かったために今までほとんど行ってなかった。やっと相応の年齢になり半官半民の優雅?な生活を送れるようになり近場の温泉を探索し始めた。

一昨日は湯布院の奥にある玖珠七福温泉宇土の庄に行って見た。山峡の大きな岩山の谷間に滾々と湯が湧き出ている。
十数年前に開湯されたらしいが七福神が宿していそうな秘境ムード満点の天然かけ流し。

1時間ほどゆっくり浸って岩魚料理を戴いたが寿命が3年ほど伸びた気がした。
すばらしい。
今度は宇佐院内に有る妙見温泉に行ってみよう。

2016年2月 3日 (水)

清原の覚せい剤所持逮捕には唖然・・・がっかりした

情けないと言うか何とも言いようが無い。腹が立って仕方が無い。小生、阪神フアンながらPL出身の清原にはドラフトの不運から少なからず応援していた。
西部在籍中はルーキーながら3割を打ち新人王にもなり6度の日本一に4番打者として大きく貢献した。
記録的にはタイトル保持者ではないが無冠の帝王として野球ファンの心に残る選手であった。しかしその後はダーティなイメージが先行しとかく黒い噂が後を絶たなかった。
薬物疑惑も近年ささやかれていたが多くのファンは名球界の選手だしあの世界のイチローとも交流が有る人間だしそこまではしないだろうと思っていた。

四国88か所巡礼も頭を丸めてやっていたし、名前通りに心を清めたと思っていた。
昨今は球界復帰の話も少しづつささやかれ始めた矢先である。
彼が今までダーティーイメージを払拭しようとやってきたことは全てファンや野球に携わる人間に対してのパフォーマンスだけで皆をあざむいていたとは何ともやりきれない。外見とは裏腹に心の弱い部分が裏目に出たように思う。
ドラフト会議で巨人に入団していたらまた違った状況だったかも知れない。そう言う意味では少なからず彼をあざむいた巨人と桑田にもすっきりしないものを感じるのは小生だけだろうか?
彼は48歳であるし、これだけ裏切ってきたらそう簡単にやり直しはきかないかもしれないが全てを失って再スタートも又男の見せどころでもある。
人間万事"塞翁が馬"である。全ての暗雲を払い落として再起してほしいものである。
このままでは余りにももったいない。

2015年9月17日 (木)

安保法案反対の若者は何を考えて行動しているのか疑問

安保法案の参議院採決が深夜延期になった。国会前では大勢の若者や市民が気勢をあげている。野党や安保法案反対派は戦争に引き込まれるとか憲法9条が反古になるとか言っているが一体それはどの部分を言っているのかどう考えても凡人の小生には理解しがたい。
例えば野党が問題にしている最大の集団的自衛権の行使とはわかりやすく言うと、例えば
同盟国などが攻撃されたとき、自国(日本)への攻撃と見なし反撃できる権利の事である。
これは国連憲章など国際法でも認められているものである。
しかし解りにくいのは日本の歴代内閣は「集団的自衛権は保有しているが、憲法9条との関係で行使できない」との解釈を示していた。つまり集団的自衛権を行使すると戦争に巻き込まれ憲法違反になると言っているのである。

反対派は同盟国の米国が攻撃されても日本は助けてはならない知らん顔してほっておかなければならないと言っているのである。全く持って不可思議な論理である。
中国や北朝鮮が尖閣諸島や沖ノ島を攻撃して来た時米国は日米同盟のために必死で尖閣を守る動きをする。この時日本は米国を支援してはならないと言っているのである。全く馬鹿げている。平和の上に胡坐をかいてきたつけが今出ているとしか思えない。
無責任な野党に踊らされて勉強もしない学生や仕事もせずに無駄なデモする民衆も痛い目を見ないとわからないとは困ったものである。

2015年8月30日 (日)

さっしーの博多座公演・・咲良も遥も元気で良かったよ

先日8月27日にHKT指原莉乃博多座座長公演のS席が二本柱の会枠で2枚当たったので久しぶりに相方と福岡へ行って見てきたけど若い子はみんな元気でいいね(笑)。
咲良ちゃんも遥も前々日に東京で運動会が有ったにもかかわらずエアーサロンパスで 3時間も劇やコンサートを相当頑張っていたけど若い子は無理がきいていいね。
小生は左足が腫れちゃってホテルまで歩いて帰るのがやっとで相方にこき下ろされてしまった。やっぱりオッサンを痛感したよ。
それにしても芽瑠は体調崩してコンサートの部をリタイヤしたけど大丈夫かなー

今回の博多座は指原莉乃の選抜1位凱旋公演だから見ないわけにはいかなかったので
行ってきた。、やっぱり彼女のアイドルらしからぬ統率力と人を喜ばせて見せる力は相変わらずすごい。若干23才の女の子なのにたいしたものだと感心した。
9月の横浜アリーナHKTコンサートには行けないので博多を満喫してきた。

相方に博多で一番美味しい博多ラーメンをごちそうする条件でついてきてもらったのでミシュランにも記載されている天神のラーメン屋さんに寄ってみた。
まずはHKT48にビールで乾杯し豚骨の昔ラーメンと言うものを注文したが最高でした。
相方も太る事を忘れて完食してさらにギョウザで生中をおかわりしたのにはびっくりした。
久しぶりの博多は大変良かった。
今度はHKT劇場へ行くことにしよう。

2015年6月26日 (金)

故郷の山河に変わりなし!・・・さて第三の人生は何を始めようか?

小生、先日第二の人生に取りあえず区切りをつけて再び故郷の地を踏むことが出来た。青々とした空を突き抜ける鶴見岳、由布岳の素晴らしい景色も昔のままである。
木々が織りなす緑のじゅうたんもこれまた目に潤いを与えてくれる。何十年経っても変わらない自然の何と素晴らしい事か。
ただ集落だけは50年の歳月が人々の年輪を刻んで大きく変化している。老いは人の世の常では有るが自然との格差が余りにも大きい気がしてならない。

さて第三の人生をこれからどう創ろうか思案のしどころである。

2014年8月 3日 (日)

佐世保の同級生殺人事件!おかしな事だらけの今の世の中

ま~むごい話もあったもんだね。佐世保市教育委員会の話もちょっと違うんじゃないの?と思えて仕方がない。
10年前の佐世保小六女児殺人事件も凄惨な事件でよく子供が、こんな事ができるもんだと身震いした事を思い出した。

佐世保教育委員会はこの10年に”学校で命の大切さを教えてきた”と説明したがはっきり言っておかしな話だと思う。・・・学校で命の大切さを教えないとわからないようでは”時すでに遅し!”である。
学校に入る時にはすでに人間、人としての基本的な事は身に着けていなければならないのではないでしょうか?その役割は家庭でやらなければならない事だと思う。
それをあたかも学校でやるかのような発言が問題だと思う。

人としての基本的なものを身に着けなければならない年齢は3歳までと言われている。
動物は3ヶ月で生きるすべてを母親からから教わる。命の大切さはもちろん仲間との共存もこの時期に身につくのである。
言い換えれば命の大切さなど人間としての基本は改めて教えなくても、愛情豊かに育てれば自然に身につくものである。
加害者の女子高生の家庭は士業の家庭で母親も東大卒のエリート家庭らしいがお金や学歴だけでは子供はまともに育たない教訓のような気がする。
最近の日本は家庭も学校も何かおかしい?
この子の親の世代までさかのぼってその社会の問題点を洗い出さないと真の原因がわからないのかも知れない。

«無性に”昔の音”が恋しくなった!心にゆとりかな(笑)